優秀なプログラマーになるには?

エージェント利用が便利

エージェント利用が便利

せっかくフリーランスのプログラマーになるならば、手数料を払ってまでエージェントを利用することもないと考えるかもしれません。エージェントに頼らなくても仕事に困らないのであれば確かにそうですが、そうでないならば、エージェントを利用するメリットが自分にあるのかどうか検討してみる価値はあります。

Pocket
[`evernote` not found]

エージェントとは

フリーランスと企業をつなぐサービスを提供するのがエージェントの仕事です。エージェントに相談すれば、スキルと希望する条件に合う案件を見つけて紹介してくれるので、フリーランスは営業の手間いらずです。
手軽さ気軽さではクラウドソーシングも人気がありますが、高報酬の継続案件を見つけるのはなかなか難しいのが現状です。主なサービスを簡単に表現すれば「案件紹介」ですが、そのサービス内容は営業、交渉、契約、就業後に至るまでのトータルサポートです。営業担当者を置いて仕事をしていると思えば、こなせる業務量から考えると手数料は安い出費と考えることもできます。

高単価の案件にすぐ出会える

エージェントのいいところは、優秀なプログラマーが自分で案件探しをしなくてもすぐに高単価案件に出会えるところです。数えきれないほどの案件が目の前にあったとしても、その中からいい案件を自分で探し出さなければならないとしたらそれだけでかなりのタイムロスです。そもそも、自分で見つけられる案件の多くは、間に何社も挟んでいるような下請け案件だったりするので、高単価の仕事はなかなか見つかりません。フリーランスは働かなければ稼ぎにならず、仕事探しにばかり時間を使っていられないことを考えると、スキルと希望をしっかり伝えて後はお任せでOKのエージェントはかなり助かる存在です。

事務的な仕事もサポートしてもらえる

フリーランスになって困るのが事務処理の問題です。会社にいれば専門部署が処理してくれていたような事務仕事も、フリーランスになれば全部自分の仕事です。エージェントの多くは、案件の紹介に関することだけでなく確定申告に関するサポートも行っています。

安定的に働くことができる

エージェントを利用しているフリーランスは、案件をこなしている間に次の案件探しが始まるので、途切れることなく仕事を続けることが可能になります。希望についてはすでにエージェントがしっかり把握しているので、提示された案件をやるかどうか選択するだけです。スキルが高く経験も豊富なプログラマーなら、エージェントにしかない大きなプロジェクトの話が来ることもあります。
新たにやりたいことができたなら、そのことをエージェントに伝えておけば希望にマッチする案件を探しておいてくれるでしょう。

こちらもおすすめです!

  • メリットを挙げてみた
    メリットを挙げてみた

    多様な働き方が求められる中、フリーランスの認知度は急上昇しています。フリーランスになることにはメリットもあればデメリットもありますが、慎重な人ほどデメリットにばかり注目してしまう傾向があることは否めません。優秀なプログラマーにはチャンスがたくさんあるので、デメリットがあることは承知の上で、純粋にメリットのみに目を向けて考えてみましょう。そうすれば、一般論ではなく自分がどうすべきかがわかるでしょう。

    more
  • 知識量がものを言う
    知識量がものを言う

    優秀なプログラマーと一般のプログラマーに違いがあるとすれば、それは持っている知識の量です。技術的なことに関しては大差がなくても、知っていることの量に差がつくとプログラマーとしてのレベルの差がくっきりします。プログラミング教育が義務教育課程にも取り入れられるようになり、早期にプログラミングに触れて育つ人材が今後社会に出てくることを考えると、高い専門性を持つことが今後の生き残りに不可欠であることがわかります。

    more
  • 技術よりも求められるスキルとは?
    技術よりも求められるスキルとは?

    プログラマーならプログラミング言語のスキルはあって当然ですが、優秀なプログラマーと呼べるにふさわしい人はそれ以上の能力を持ち合わせています。最も重要なのは、専門性とは一切関係ないコミュニケーション力です。問題解決力や独学力も重要ですが、能力を最大限に生かすためには周囲の人や顧客との円滑なコミュニケーションが欠かせないのです。すべての力をバランス良く伸ばすためには、知識を頭に入れるだけでなく行動に移さなければなりません。

    more

CATEGORY

NEWS