優秀なプログラマーになるには?

レベル別に分けてみた

レベル別に分けてみた

優秀なプログラマーになるためには、経験を積み重ねながらスキルアップしていかなければなりません。まずは自分が今どのレベルのプログラマーなのかを把握し、次のステップに向けて今できることを行いましょう。そこで、プログラマーのレベルを4段階に分けてご紹介します。

Pocket
[`evernote` not found]

ノーマルレベルのプログラマー

プログラマー求人の募集要項でいうところの経験者が、この「ノーマルレベル」にあたります。経験年数の目安は1~2年で年収は400万円前後。仕様書を読んでプログラムを書けるレベルです。とはいえ、まだまだわからないことも多く、経験豊富とまではいえない状況なので、ベテランプログラマーの助けは必要です。大切なのは、わからないことを曖昧なままにせず丁寧に確認することです。
まわりからは、仕様書を見てプログラムを作れるのが当たり前の人材とみなされるので、自分から発信しなければ状況は伝わらないと考えておきましょう。1人で作業できるようになったからといって自分の世界に入るのではなく、仕事仲間とのコミュニケーションを積極的にとることも重要になってきます。

ミドルレベルのプログラマー

プログラマー経験が5年あれば、年収600万円も狙える「ミドルレベル」です。ミドルレベルのプログラマーに求められるのは、仕様書を読んでプログラムを書けることはもちろんのこと、経験の幅の広さやこなしたプロジェクトの数、理解しているプログラミング言語の数などがあります。Web系のプログラマーならば、JavaやHTML、PHPあたりの言語は基本中の基本ですが、遠い過去の開発経験があるだけでは武器にならず、仕様のアップデートにしっかりついていっていなければなりません。
プログラムについて自分で理解しているだけでなく、わかりやすく説明する力が求められるようになるのもミドルレベルの特徴です。

ハイレベルのプログラマー

プロジェクトを次々とこなし、システム開発についての知識が豊富になってくると、「ハイレベル」のプログラマーです。この段階になると、クライアントとの打ち合わせにSEと共に参加することもあるでしょう。ハイレベルのプログラマーが同行することで、クライアントの求めていることが技術的に可能かどうかの判断をその場でできるようになり、プロジェクトをよりスムーズに進められるようになります。

プロフェッショナルレベルのプログラマー

早く確実に質の高い仕事をこなせるのが、「プロフェッショナルレベル」のプログラマーです。ここまでくると年収1,000万円も見えてきます。プロフェッショナルレベルになると、プログラミングに試行錯誤するのではなく、いかに効率的にプログラムを組むか考えることに時間を使うようになります。問いかけに対するレスポンスも早いので、仕事仲間やクライアントから信頼されます。

こちらもおすすめです!

  • メリットを挙げてみた
    メリットを挙げてみた

    多様な働き方が求められる中、フリーランスの認知度は急上昇しています。フリーランスになることにはメリットもあればデメリットもありますが、慎重な人ほどデメリットにばかり注目してしまう傾向があることは否めません。優秀なプログラマーにはチャンスがたくさんあるので、デメリットがあることは承知の上で、純粋にメリットのみに目を向けて考えてみましょう。そうすれば、一般論ではなく自分がどうすべきかがわかるでしょう。

    more
  • 知識量がものを言う
    知識量がものを言う

    優秀なプログラマーと一般のプログラマーに違いがあるとすれば、それは持っている知識の量です。技術的なことに関しては大差がなくても、知っていることの量に差がつくとプログラマーとしてのレベルの差がくっきりします。プログラミング教育が義務教育課程にも取り入れられるようになり、早期にプログラミングに触れて育つ人材が今後社会に出てくることを考えると、高い専門性を持つことが今後の生き残りに不可欠であることがわかります。

    more
  • 技術よりも求められるスキルとは?
    技術よりも求められるスキルとは?

    プログラマーならプログラミング言語のスキルはあって当然ですが、優秀なプログラマーと呼べるにふさわしい人はそれ以上の能力を持ち合わせています。最も重要なのは、専門性とは一切関係ないコミュニケーション力です。問題解決力や独学力も重要ですが、能力を最大限に生かすためには周囲の人や顧客との円滑なコミュニケーションが欠かせないのです。すべての力をバランス良く伸ばすためには、知識を頭に入れるだけでなく行動に移さなければなりません。

    more

CATEGORY

NEWS