優秀なプログラマーになるには?

知識量がものを言う

知識量がものを言う

自分が将来どんなプログラマーになりたいかを考えると、次に何をすればいいかがわかってきます。プログラマーは、IT化が進む今と今後の世の中を支える職業のひとつとして広く注目されていますが、優秀と呼べる人材はまだまだ足りておらず、業界はプログラマーの確保を急いでいるところです。では、未来のIT業界で重宝される優秀なプログラマーになるためには、今何をする必要があるのでしょうか。

Pocket
[`evernote` not found]

知識量でライバルに差をつける

プログラマーを名乗る人は大勢いますがレベルの幅はかなり広く、まだまだノーマルレベルにも達していない初心者から百戦錬磨の大ベテランまでさまざまです。普通のプログラマーといわれる人と優秀といわれる人の差がどこにあるかといえば、それは知識の量にあります。
優秀なプログラマーは、プログラミング言語につての幅広い知識を持ち、サーバーやインフラに関する深い知識も持っています。専門職とはいえ知識の量には個人差があり、それなりに対応できるレベルの仕事はあるのですが、プロフェッショナルの持っている知識量はかなりのものです。ITに関する知識はどんどんアップデートされていくものなので、忙しく働く間も最新情報への意識は高く持ち続ける必要があります。

これからのプログラマーに求められることとは

かつてなら、プログラミングに触れるのはその世界に関心がある人だけでしたが、今や小学生が学校でプログラミングを学ぶ時代。プログラミングに触れるチャンスと人数が多ければ、プログラマーを目指す人も増えるというものです。その中で生き残っていくためには、ただプログラミングができるだけでは足らず、できるプログラマーとして選ばれ続けなければなりません。
専門職だから知識と技術さえあればいいかというとそうではなく、頭の中にある専門的な情報を、専門知識を持たない顧客にわかりやすく説明する力も求められます。高いコミュニケーション力が備わっていなければ、どんなに優秀でも顧客には評価されにくいのです。

優秀なプログラマーになるにはとにかく勉強あるのみ

知識を一夜にして膨大な量にすることは不可能です。多くの複雑な専門知識を取り入れる近道などなく、ひたすら勉強あるのみ。理解できる量とスピードは人それぞれですが、どんなに優秀な人でも勉強は避けては通れません。取り入れた知識を知っているだけのことにしないためには、実際に技術として使ってみる必要もあるでしょう。覚えた技術を現状維持しようとせず、鮮度の高い情報をこまめに収集してどんどんスキルアップしていきましょう。そうした積み重ねを早いうちから長く続けた人こそが、将来優秀なプログラマーとして第一線で活躍できるのです。

こちらもおすすめです!

  • メリットを挙げてみた
    メリットを挙げてみた

    多様な働き方が求められる中、フリーランスの認知度は急上昇しています。フリーランスになることにはメリットもあればデメリットもありますが、慎重な人ほどデメリットにばかり注目してしまう傾向があることは否めません。優秀なプログラマーにはチャンスがたくさんあるので、デメリットがあることは承知の上で、純粋にメリットのみに目を向けて考えてみましょう。そうすれば、一般論ではなく自分がどうすべきかがわかるでしょう。

    more
  • 知識量がものを言う
    知識量がものを言う

    優秀なプログラマーと一般のプログラマーに違いがあるとすれば、それは持っている知識の量です。技術的なことに関しては大差がなくても、知っていることの量に差がつくとプログラマーとしてのレベルの差がくっきりします。プログラミング教育が義務教育課程にも取り入れられるようになり、早期にプログラミングに触れて育つ人材が今後社会に出てくることを考えると、高い専門性を持つことが今後の生き残りに不可欠であることがわかります。

    more
  • 技術よりも求められるスキルとは?
    技術よりも求められるスキルとは?

    プログラマーならプログラミング言語のスキルはあって当然ですが、優秀なプログラマーと呼べるにふさわしい人はそれ以上の能力を持ち合わせています。最も重要なのは、専門性とは一切関係ないコミュニケーション力です。問題解決力や独学力も重要ですが、能力を最大限に生かすためには周囲の人や顧客との円滑なコミュニケーションが欠かせないのです。すべての力をバランス良く伸ばすためには、知識を頭に入れるだけでなく行動に移さなければなりません。

    more

CATEGORY

NEWS